タバコについての記事を書いたらGoogle AdSenceからボリシー違反メールがやって来た!

  • ブックマーク
  • Feedly

AdSenceサイト運営者向けポリシー違反レポート

突然のメールにびっくりした!えっ!なんかしたかなぁ?

AdSenceサイト運営者向けポリシー違反レポート

Google AdSenceで確認してみる

よくわからんが、とりあえずGoogle AdSenceを開いて、どこかに情報がないかなぁと、ぽちぽちっしてみる。

メニュー>アカウント>ポリシーセンター

見つかった!Google Adsenceのメニューの中にあったか!!

  1. メニューのアカウントをクリックします。
  2. ポリシーセンターをクリックします。

開いてみると、問題があるページが1ページだけあるみたいだ。

問題のあるサイト

>をクリックしてみる。

ページに関する問題

おっ!問題があったページのURLが特定できた!

問題は「タバコ」って書いてあるなぁ。確かに喫煙所に関する記事を書きましたね~。

さらに詳細を確認するために展開してみる。

解決方法

なるほどねぇ~、広告主がタバコの記事を載せているサイトに広告配信しないように選択したということか。

我田引水

考える観点としては、売上に影響があるか?あるいは広告主を気にすることなく、思った記事を書くか?ということかな?元々、そんなに広告収入があるわけではないので、あんまり気にしなくてもいいかなぁ。現状はそんな感じで行こう!

関連書籍

Google AdSenceについて書いてある本はないかなぁと、Amazonを検索してみたら、次のような書籍が見つかった。収益化に本格的に取り組むときは参考にしてみようかなぁ。

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。