Snow Monkeyの5つのページとウィジェット・エリアの関係について勉強してみた

  • ブックマーク
  • Feedly

5つのページ

Snow Monkeyにはざっくりいって、5つのページが存在する。

  1. ホームページ
  2. 投稿ページ
  3. 固定ページ(ホームページと投稿ページを除く)
  4. カテゴリー(アーカイブ)
  5. 記事

ホームページ

サイトのトップページです。2番目によく使われるページかなぁ。そこそこ重要だと思う。

ホームページ

投稿ページ

投稿ページはこちらです。

投稿ページ

投稿した記事ではなく、記事の一覧が表示しているページです。

ウィジェット・エリアとの関係性でいうと、1ページ目のみに上部と下部が表示される仕様のように見えます。

僕のページでも表示はされますが、実際的にはほとんど使っていません。

ってことはウィジェットの実験をするときに使えそうです。

固定ページ

厳密にはホームページも投稿ページも固定ページなんだろうけど、ここではホームページと固定ページな特殊なものとして除外するという理解です。

僕の場合はプロフィールを書いているページが固定ページになります。

カテゴリー

カテゴリーをクリックすると、出てくるページです。

カテゴリー

僕の感覚だと、アーカイブページも年月というカテゴリーを使ったページという理解です。

アーカイブ

記事

記事は投稿したページです。一番よく使われるページですね。一番重要なところだと考えています。

記事

結論:5つのページとウィジェット・エリアの関係

各々のページにはウィジェット・エリアという領域があり、ウィジェットという部品を表示することができる。

5つのページとウィジェット・エリアの関係はこんな感じになる。

5つのページとウィジェット・エリアの関係

ウィジェットを追加したいときは、どのページに追加されるのか、上の図を見ながら確認しましょう。

個別のページのみのエリアは分かりやすいですが、他のページに影響があるエリアにウィジェットを追加すると、期待値から外れた結果になります。

ウィジェット・ロジックを使って調整したり、いろいろとやってみてください。

我田引水

最近、自分のサイトのウィジェット・エリアをごにょごにょにしている。

いろいろと気になり出すと、ちょこちょこ変えたくなるんですよねぇ。

で、混乱しました。そもそも全体的にどんなページがあって、どういうウィジェット・エリアがあんのさって。

ほじほじといじっていたら、だいたいわかったけど、しばらくすると絶対忘れるw

ということで、調査結果をまとめてみました。

参考情報

Snow Monkeyの公式ページを参考に、いろいろと実験させて頂きました。

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。