Accessでテキストデータを取り込む際にインポートデータの日本語が文字化けする時の対応

広告

Accessでデータを加工するため、テキストファイルをインポートした際に、インポートデータの日本語が文字化けしてしまったが、テキストデータのエンコードの種類を「Unicode(UFT-8)から日本語(Shift-JIS)」に更新したら解決しました。詳しくは以下の記事を参照して下さい。

事象を振り返る

いつも通りテキストデータを取り込もうとすると、ヘッダの日本語部分が文字化けしていた。
あれれ?文字コード系の問題かなぁ。とりあえず設定をクリックしてみる。
Access
ふむ、「言語(G):日本語」「コードページ(C):日本語(シフトJIS)」と問題なさげな感じ。あれれぇ?
Access
次にテキストデータをエディタで開いてみると、なるほどぉ、UFT-8かぁ。これが原因だなぁ。
秀丸

対応

テキストデータを「Unicode(UFT-8)から日本語(Shift-JIS)」に更新して、再度挑戦!
うん、うまくいったね。
Access

広告

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。