【Access】長いテキスト項目のインポートエラーを解決する方法

広告

Accessでデータを加工するため、テキストファイルをインポートした際に、短いテキスト項目で「フィールドの切り捨て」が発生した。
解決方法はデータ型をデフォルトの「短いテキスト」から「長いテキスト」に変更することだった。試行錯誤した結果をまとめてみました。

エラー発生

まずはエラーが発生したときの状況を振り返ってみる。
アクセスでデータ取込のウィザードを進める。
取込エラーが発生した項目のデータ型は短いテキストだ。
Access

インポートの完了ボタンをクリックする。
Access

エラー発生だ。
Access

インポートエラーテーブルを参照してみると、「フィールドの切り捨て」と出ている。
Access

対応方法はデータ型を「短いテキスト」から「長いテキスト」に変更する

Access上でエラーが発生したレコードのデータを参照すると、テキストが途中で切れていた。
ってことは、データ型を長いものにすれば良いのかしら?データ型を長いテキストにしてみる。
Access

わーい、うまくいった!
Access

戯言

ちょうど家族関係でもやもやしていることがあるときに、たまたまこんな本が出ていることを知った。

思わずポチってみた。週末に読んでみよう。

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

コンサルティングファーム、事業会社SEを経て、現在フリーのシステムエンジニアをしています。
自分が好きで得意なことを仕事に活動したい!そんな想いを実現する為に、日々試行錯誤をブログにしています。
詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。

広告