僕が株式会社年度締めにやること

  • ブックマーク
  • Feedly

大きく2点あり、銀行口座と証券口座のデータを取得して、その結果を税理士さんに提出することだ。来年、困らないようにメモしておく。

銀行口座残高確認

僕は住信SBIネット銀行とジャパンネット銀行の法人口座を持っている。当然、ネット銀行なので、通帳はない。

ジャパンネット銀行

なので、わざわざサイトにログインして画面キャプチャーを取得して、画像ファイルを自分のPCのハードディスクにコピーする。

住信SBIネット銀行

あと、流行病の影響で城北信用金庫の法人口座を作成したので、通帳をスキャンしたデータを用意しないと。うっかり忘れていたので、家に帰ったらやろう。

証券口座

証券口座といえば、SBI証券か楽天証券のどちらかが良い。UIは楽天証券の方が優れているので、おすすめは楽天証券。けど、僕は外国のETFを定期買付したかったので、SBI証券にした。なんでも、楽天証券では、海外ETFの定期買付ができないらしい。

僕が保有している金融商品は日本株式と米国ETFで、日本株式と米国ETFは画面が違うので、別々の対応が必要になる。めんどくさいね、まぁ、しょうがないので、各々、対応を実施してみる。

日本株式:保有証券一覧ダウンロード

  1. SBI証券にログインしたら、口座管理をクリックする。
  2. 保有証券タブをクリックする。
  3. CSVダウンロードをクリックする。
日本株式:保有証券一覧ダウンロード

日本株式:約定履歴ダウンロード

  1. 口座管理をクリックする。
  2. 取引履歴をクリックする。
  3. 約定日を設定する。
  4. 照会をクリックする。
日本株式:約定履歴ダウンロード

そうすると、こんな画面が表示されるので、CSVダウンロードをクリックする。

日本株式:約定履歴ダウンロード

海外株式:保有証券・資産キャプチャー取得

  1. 口座管理をクリックする。
  2. 保有証券・資産をクリックする。
  3. 画面キャプチャーを取る。
海外株式:保有証券・資産キャプチャー取得

海外株式:約定履歴ダウンロード

  1. 取引履歴をクリックする。
  2. 期間を設定する。
  3. 照会をクリックする。
  4. CSVダウンロードをクリックする。
海外株式:約定履歴ダウンロード

この記事を書いた人

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。