移転した神保町のキッチン南海でひらめ・しょうが焼き定食を頂く

  • ブックマーク
  • Feedly

移転前のキッチン南海跡地

前にキッチン南海があった跡地を訪れるとこんな感じになっていた。いったい何が立つんだろう。

移転前のキッチン南海跡地

移転後のキッチン南海

数ヶ月後、キッチン南海について調べてみると、新しい店舗がオープンしているようだったので、早速、新店舗まで足を運んでみる。

移転後のキッチン南海

見本棚

こちらメニューの見本棚。そういえば、最近、ひらめのフライ食べてないなぁと思い出す。夕方の早い時間でいつも売り切れるから、なかなか食べられないんだよなぁ。

見本棚

メニュー

あれ?ひらめって900円もしたっけ?まぁ、いいか。あるかどうかわからないけど、とりあえず注文してみると、なんと注文できた。やった!

メニュー

注文後、こんな張り紙が出てきた。ぐふふ、、、本日最後のひらめフライは、僕の胃袋が頂きます。

ひらめ売り切れました

見本棚の下を見ると、こんなおしゃれな観葉植物が!外は寒いけど、少し癒される。

観葉植物

ひらめフライとしょうが焼き定食

店内に入ってしばらくすると、ひらめフライとしょうが焼き定食が登場。

ひらめフライとしょうが焼き定食

しょうが焼きが見えないので、上からも写真を撮ってみる。いましたね〜、しょうが焼き先生が

ひらめフライとしょうが焼き定食

ひらめフライは近くで撮るとこんな感じ。かなり分厚い感じで食べ応え満点。

ひらめアップ

ひらめフライとしょうが焼きとご飯を頂いて、最後はサラダのキャベツ。いつもはおかずと一緒に食べしまうのだけれど、卓上の胡麻ドレッシングを味わいたかったので、我慢して残しておいた。

胡麻ドレッシングをかけて、頂くと、お気に入りの味。あ〜、この感じ、好きな味だ。かつ吉の胡麻ドレッシングもこんな感じにして欲しい。

キャベツにごまドレッシング

大満足でお店を後にしました。ご馳走様でした!

キッチン南海

お店の情報

関連ランキング:洋食 | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

この記事を書いた人

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。