Windowsでお気に入りの画面キャプチャソフトFastStone Capture

広告

仕事がらマニュアル作成やら手順書作成を行うので、画面キャプチャを取ってドキュメントを作成する。その際に使っている画面キャプチャソフトFastStone Captureで良く使っている機能をまとめてみる。

最近Macを良く使うようになってきたが、お気に入りの画面キャプチャソフトがMacに対応していない。ということでMacで使える画面キャプチャソフトを探している。どんな機能があったら自分は満足なのかよく分からなかったので、この機会に記述してみる。

FastStone Capture

このソフトは上記からダウンロード出来るが、有料のシェアウェアである。

よく使う機能(起動)

起動方法
Windowsのスタートメニュー>すべてのプログラム>FastStone Capture>FastStone Captureを選択することで起動する。

FastStone Capture
上記画像のようなちっちゃい画面が出てくる。邪魔なときは最小化しておけば良い。

キャプチャ機能

Ctrl+PrtScで範囲指定した部分の画面キャプチャが取得できる。この範囲指定時にカーソルの拡大した状態が示されるので、気に入ってる。
また、Ctrl+Alt+PrtScで自動的にスクロールして、画面の全体をキャプチャしてくれる機能がある。これも非常に重宝している。

加工機能(モザイク)

範囲選択
キャプチャを取得した後、モザイクを掛けたい部分を範囲指定し「Blur50」をクリックする。

モザイク
そうすると、な、なんということでしょう!モザイクがかかりますw

加工機能(Draw)

Draw
次は「Draw」をクリックしてみましょう。Draw画面では色々なボタンをクリックすることで、色々なアイテムを追加することがされる。

僕がよく使うのは次の3つです。
矢印
「矢印」をクリックして、ドラック&ドロップすると追加される。

長方形
「長方形」をクリックして、ドラック&ドロップすると追加される。

ステップ
「ステップ」をクリックして、追加したい場所をクリックすると追加される。

画像の保存

様々な加工をした後、画像をファイルに出力します。
保存
デフォルトのファイル名が時間になっているので、ファイル名に迷うことなく出力出来る。
こんなMac用の画像ソフトが欲しいw

広告

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。