Photoshop:トーンカーブで黄色っぽい感じになっている画像を補正する

  • ブックマーク
  • Feedly

画像を開く

黄色っぽい感じになっている画像をPhotoshopで開きます。

画像を開く

トーンカーブを起動する

メニューバーの「色相補正」>「トーンカーブ…」をクリックします。

トーンカーブを起動する

黄色っぽさを消す

  1. チャンネルをブルーに設定します。
  2. トーンカーブを上にドラック&ドロップします。
ブルーのトーンカーブ
  1. チャンネルをレッドに設定します。
  2. トーンカーブを下にドラック&ドロップします。
レッドのトーンカーブ

明るさを調整する

色補正をおこなうと、明るさの印象が変わることがあるので、明るさを調整します。

  1. チャンネルをRGBに設定します。
  2. トーンカーブを上にドラック&ドロップします。
  3. OKをクリックします。
明るさを上げる
  1. そうすると次のように黄色みが取れた画像になります。
得られた結果

参考書

僕は旧版の書籍で学びましたが、新版が出ているようなので、そちらの書籍のリンクを張っておきます。

この記事を書いた人

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。