燦燦斗で辛つけ麺を頂いたが相変わらず美味かった!

  • ブックマーク
  • Feedly

お店の外観

以前は毎週通っていたが、しばらくラーメンを食べなくなってから、行くのをやめてしまった。久しぶりにここのラーメンが食べたくなり、行ってみることにした。相変わらず大盛況。

お店の外観

まずは並ぶ前に食券を買う方式になっているので、店内に食券を買いに行く。

入口

何にしようか迷ったが、一番好きな辛つけ麺をちょっと肉増しで、プラスエビスビールにしてみた。

食券

生ビールYEBISU500円

エビスを頼むと、こんな感じでチャーシューとメンマ、長ネギのおつまみがついてくる。僕はこれに一味唐辛子を掛けて頂く。いつも通り沢田研二の曲が流れてる。この歌なんて言うだろう?

生ビールYEBISU500円

辛つけ麺

辛つけ麺を頼むとこんな感じで辛い挽肉が小皿で渡して貰える。

辛いヤツ

こちらが自家製麺。非常に美味しい麺。毎週この店に通っていたとき、なんでこの店が好きなんだろう?と自問自答した結果、ここの麺が好きだからだという結論を得た。

つけ麺

こちらがつけ麺のスープ。ちょっと肉増しにしているので、チャーシューがかなり入ってます。

スープ

しばらく辛いヤツを入れないでつけ麺を楽しみ、そろそろ辛いヤツを楽しもうかなぁ。僕は麺に辛いヤツをまぶしてから食べる派だ。なんかこの食べ方の方がすきなんだよねぇ。

つけ麺に辛いヤツ

お水はいつもキンキンに冷えていて最高!このヤカンで手酌です。

ヤカン

お店の情報

関連ランキング:ラーメン | 東十条駅十条駅王子神谷駅

つけ麺は不完全な食べ物だが麺のうまさを味わうのに最適な食べ方?

つけ麺という料理は本当に難しい。食べながらそんなことを思った。何が難しいかというと、食べているうちに塩味が変わるところが難しいと思う。

一つはつけ麺をスープに何回も浸すことで、塩分濃度が下がっていくところ。二つ目は温度が下がることで塩味が上がるところだ。

初めてつけ麺を食べた時、こんな不完全な料理は要らないのではないか?そんなことを思ったモノだ。そんなことを思ったくせに、いつの間にか、つけ麺を頼む率が上がってきている。

何でなんだろう?塩味に関してはラーメンの方が優れている、ただし、麺を楽しむという点については、つけ麺の方に分があるのではないだろうか?そんな考えが浮かんできた。

ラーメンは時間を掛けて頂くと、麺が伸びてきてしまい、どこかのポイントで麺の状態が悪くなる。最近、よく噛んで食べるように気を付けているので、どうしても食べるのに時間がかかる。そうすると、麺の状態変化が大きいのだ。

その点、つけ麺だと時間を掛けて食べても、麺の状態はそんなに変化しない。いや、むしろ、水洗いするせいか、麺の強さが強調される。無意識につけ麺を注文してしまうのは、そういうことなのだろうか?

帰りにお店の正面のあじさいを撮ってみた。

あじさい

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。