【WordPress】未公開記事は自分のみが参照する記事として使えて検索もできる

  • ブックマーク
  • Feedly

非公開記事の用途

今回考えたのは、WordPressで自分だけが参照する記事は書けるか?という問いである。

結論としてはステータスを非公開にすれば可能であり、さらに公開している記事と合わせて検索することが可能である。

ただし、自分が非公開記事を参照するためには、WordPressにログインしている必要がある。

もっとも本来的な使い方としては、記事に対して読者から何らかのマイナスなリアクションがあって、記事を非公開にするというものだと思う。

だが、こういう使い方をしても良いのではないだろうか。

昔、自分だけが参照できる日記ブログを作りたいと思ったことがある。

他の方もそんなことを思ったことはないだろうか。

このようなアプリがあるから、そういった需要はあると思う。

非公開記事の作成

実際に非公開記事を作成して、どのようにWordPress上で表示されるか確認してみる。

  1. 記事のタイトルを入力する。
  2. 記事の本文を入力する。
  3. ステータス:非公開を選択する。
  4. 公開をクリックする。

非公開記事の作成

WordPressにログインしていると非公開記事が参照できる

そうすると、当然、記事がブログに追加される。

WordPressにログインした状態で非公開記事は表示される

さらに、検索すると、記事が検索結果に表示される。

WordPressにログインした状態で非公開記事は表示される

WordPressにログインしていないと非公開記事は参照できない

ステータスが非公開なので、当たり前と言えば、当たり前なのだが、非公開記事は参照できない。

WordPressからログアウトすれば非公開記事は表示されない

当然、検索をしてみても、非公開記事なので、表示されることはない。

WordPressからログアウトすれば非公開記事は表示されない

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。