MacPCからMicrosoft Remote Desktop 10を使ってWindow PCにリモート接続する

広告

以前、MacPCにリモート接続用のアプリのインストール方法Windows PC側の設定変更の記事を記載しました。この2つを実施するとMacPCからWindow PCへリモート接続する事が可能となります。今日は、MacPCにインストールしたアプリの設定方法を説明します。

リモート接続先の情報を登録する

MacPCにインストールしたMicrosoft Remote Desktop 10を起動して[Add PC]をクリックします。
MacPCにインストールしたMicrosoft Remote Desktop 10を起動して[Add PC]をクリックします。
Windows PCのIPアドレスを登録し、ログイン情報を事前入力します。具体的には下記のように操作します。
1. 「Windows PC側の設定変更の記事」で確認したIPv4アドレスを入力します。
2. [User account]は[Add User Account…]と設定します。
3. Addをクリックします。
Windows PCのIPアドレスを登録し、ログイン情報を事前入力します。
Windowsのログイン情報を入力します。具体的には下記の操作を実施します。
1. ユーザIDとパスワードを入力します。
2. Continueをクリックします。
ユーザIDとパスワードを間違うと、問題が発生したときの切り分けがしにくいので、Windows端末で実際に入力して確認することをお勧めします。僕も僕の友人もここで時間をロスしました。。。
Windowsのログイン情報を入力します。

リモート接続の実行

そうすると次のような画面が表示されます。登録したPCをダブルクリックします。
登録したPCをダブルクリックします。
こんな感じのポップアップが出てくるので、Continueをクリックすると接続できます。
Continueをクリックする

リモート接続に失敗するとどうなるか?

ちなみにうまくいかない時にはエラーが発生します。IPv4アドレスが間違っている場合はこんな感じのエラーが発生しました。ホスト名を入力したのですが、うまく行きませんでした。
エラー1
あと、Windowsログイン情報が誤っていた時やWindows ファイアウォールの設定でこけてた時はこんな感じのエラーが発生しました。
エラー2

我田引水

この記事を書くにあたり、以下のページを参考にしました。このページがなかったらできなかったかもしれないです。感謝です!

今回の件でESETの使い勝手の悪さにはマジでむかつきました。設定わかりにくすぎる!超イライラしました。リモート接続する際はウィルスソフトがボトルネックになることがあると思うので、各々のソフトでどのような設定をすれば良いか調べないといけない可能性が高いと思います。マジで疲れましたwww

広告

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。