主計町料理料亭街のなべ太郎で金沢のお鍋を頂く:あまりの美味しさに絶句する!

  • ブックマーク
  • Feedly

ひょんなことから、金沢の社長さんご紹介の主計町(かずえまち)の料亭でお鍋を頂くことになった。

お店の外観

1年半前、観光でこの通りを通ったが、まさか自分がこの通りのお店に入る日が来るとは!まったく、人生というのは何が起こるか分からんもんである。

お店の外観1

橋沿いのこの小道にはこんな看板があります。

主計町料理料亭街

こちらが夜の浅野川大橋、ライトアップされてて綺麗!やっぱり金沢の街っておしゃれ!

浅野川大橋

なべ太郎の入口。料亭街の並びにあるお店、地元の人でも入りにくいとおっしゃってました。

なべ太郎入口

お通し

お通しはイカの煮物かな。食べてるとビールが飲みたくなる、そんな一品でした。

お通し

メインのお鍋

こちらが今回のメインのお鍋の具!白菜は下茹でされているところが特徴的でした。きっちりとした仕込みがされているので、ダシがじゅわっと出て、めっちゃ美味しいんです。白菜の上のお肉はなんだろう?鶏肉?鯛、たら、ぶり、椎茸、焼き豆腐、春菊、かまぼこ、糸こんにゃく、ぎんなん、お餅、えのきかな。6月ぐらいまでしか食べられず、6月以降は別の料理になるらしいです。

お鍋の具

別の確度からもパシャリ!あと牡蠣もありましたね。おそらく能登牡蠣、めっちゃ濃厚で最高に美味しかったです。

お鍋の具

お鍋に具材を入れるのはお店の方がやって頂けるので、黙ってみてます。自分で入れようとすると怒られるらしい。

お鍋

白菜の色がなんとも鮮やか!そして味も最高でした。今まで食べた鍋の中で一番美味しかった!この黄金のダシもめっちゃ美味しい。このダシに煮られたいです。

お鍋

こちらがよそって頂いたお鍋!まんべんなく具材の味を楽しめます。一つ一つの具材を味わって美味しく頂きました。

お鍋をよそって頂く

二巡目のお鍋、鍋は大体2巡で終わります。

二巡目のお鍋

こちらお餅です。きび餅というそうです。きび団子のきびらしい。

きび餅

なべ太郎のおじやを作る様子を動画に撮りました。だし汁を多めに入れてあくを取りながら強火で加熱します。

最後はおじやです。米の存在感がはっきりと残ってて、とっても美味しかったです。

おじや

おじやに付いてきたお新香ですが、こちらも僕好みの味で、ご飯が進みます。3杯頂きました。

お新香

追加注文

実はこの素晴らしいお鍋意外にも美味しいお料理を頂きました。

▼かぶら寿司、ぶりとカブかな?美味しかった!

かぶら寿司

▼なまこ酢

なまこ酢

▼白子ポン酢、白子が美味すぎる!

白子ポン酢

▼牡蠣フライ、予想外だった。美味しいだろうと思ってはいたが、想像を超えて美味しかった。下準備がキッチリしてるから?能登牡蠣が美味しいから?理由は分からないけど、あまりの美味しさに絶句しました。

牡蠣フライ

お酒

1杯目はエビスビールを2杯目以降は日本酒をしこたま頂きました。

日本酒も全種類頂きました。どれもこれも美味しい日本酒!日本酒好きにはたまりません!あともう一周飲みたかったです。

日本酒

デザート

デザートはミカン、このミカンも大変おいしゅうございました。デザートは昔からミカンだそうです。

みかん

お店の情報

関連ランキング:鍋(その他) | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

我田引水

今年1月から会社を立ち上げたものの、まだ売上が立つ見通しがない。そんな中、金沢へ遊びに行くってどうなんだろうというモヤモヤした気持ちがあったが、実際に行ってみたら、貴重な体験ができた。あと、家に帰ってきてから、行く前に比べて仕事が進むようになった気がする。

この挑戦が後何ヶ月できるか分からないけど、何とか頑張っていきたいと思う。6月に金沢の美味しいお店をご紹介頂く約束をしてしまったので、それを目標に頑張っていきたい!

この記事を書いた人

羽沢 仁

羽沢 仁

業務系システムのエンジニアとして、コンサルティング会社で5年、事業会社の社内SEとして5年、フリーランスとして6年、要求定義、設計、開発、テスト、リリース対応の業務に携わってきました。来年からは、街の○○屋さんと直接つながって、ITツールを提供するサービスを開始します。詳しいプロフィールはこちらをご参照ください。